2016年12月29日

2016年下半期ベストテン

早いもので2016年も終わりに近づいております。
ので、恒例の下半期ベストテンをば。7月以降に訪問した185軒からのチョイス。
これって最近流行りのまとめブログじゃね?とか言ってみたりしつつ、いつものごとく訪問順での紹介。

SNOW BEANS COFFEE@大崎
昨今はコーヒーショップだらけで食傷気味だが、ここはちょいちょいと通いたくなると思えるお店。
Cafe Blanc@福島・郡山
駅からは少し離れているが、実力派ゆえ地元民も多数集う人気カフェ。スイーツ美味し。
Kawaberry Cafe@福島
ここはネーミングとロケーションの勝利だな。阿武隈川の川べりにあるリバーサイドカフェ。
別所エスプレッソ@長野・別所温泉
こんなところでもエスプレッソが飲めるのだ、という素直な驚きから。個人的にはコーヒー牛乳が大ヒット。
Mockingbird Cafe@Ho Chi Minh
下半期最大のヒットはここ。ロケーションと建物のスゴさに対して、ハコのキュートさのギャップに萌える。
The Workshop@Ho Chi Minh
コーヒー大国ベトナムでも最先端を走るコーヒーショップ。コーヒー以外の充実ぶりも良い。
DELECTO COFFEE ROASTERS@代々木上原
静かに燃えるコーヒーへの情熱を感じさせてくれるお店。しつらえも良く気持ち良い時間が過ごせる。
ことり珈琲店@都立大学
やっぱりコーヒー店が多いなぁ。ここはロケーションと北欧テイストの店内がツボ。
nice&warm@八幡山
都内で二三味珈琲を楽しめるお店がもう1つ。個人的にはカレーも結構好みの味。
coffee HUT@大阪・松屋町
こじんまりとした静かなコーヒー店という個人的嗜好にジャストミートしたお店。店主の物腰の柔らかさも好み。

ということで、気がつけばゆるミニ系コーヒー店ばかりになっていたという。
コーヒーブームがいまだ冷めやらない感じなので仕方ないのかもしれませんけど。
来年あたりはフルラインのカフェっぽいカフェに頑張ってほしいと思っております。本気で。
posted by Ochi at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

2016年上半期ベストテン

お暑うございます。
早いもので今年も半分が過ぎようとしてます。
ので、いつものごとく上半期ベストテンの発表を。
6/26までの訪問店147軒からのチョイスです。いつもの通り訪問順で。ではどうぞ。

COMMA, COFFEE@ひばりヶ丘
団地の一角にひっそりと在るカフェは、団地住民ならずとも憩いの場。
ON THE HILL COFFEE@川崎・黒川
店名通りに小高い丘の上にあるコーヒーショップ。お店にたどり着くと、ちょっとした達成感を味わえるかも。
teakha@香港
香港でもコーヒースタンド大流行りだが、敢えてお茶を推すというのが良い。しっとりした雰囲気もマル。
ROUTE BOOKS@上野
元倉庫の大ハコにグリーンを多数配したブックカフェ。界隈の雰囲気とのギャップも面白い。
The Journal@Melbourne
カフェの街メルボルンの中心街にあるライブラリーカフェ。カジュアルながらツボを押さえた感じのお店。
AUCTION ROOMS@Melbourne
メルボルンからもう1店。こちらは郊外店らしくcozyな空気と大きめのハコでオールラウンド仕様。
mano cafe@蔵前
ミニマルながら各方面のツボをしっかりと押さえたお店作り。女子のハートをわしづかみしそうなお店。
Tournez La Page@静岡・浜松
ジャズ喫茶ながら堅苦しさが無く気軽に入れ、その傍らで本格的な機材と音楽。近所にあれば足しげく通いたいお店。
whitebird coffee stand@大阪・梅田
梅田の繁華街と喧騒からほど良く距離を置いたお店。コーヒーに限らず意外と幅広くやってるところが良い。
旭屋パーラー@松陰神社前
「良い昭和」的なイメージを醸し出すパーラー。はす向かいの松陰神社の借景も素敵。

全体的にはホームラン級のお店は無く、単打が多かったという印象です。たまたまかね。
下半期はロングヒットも狙いつつ、かつ打率も維持しながらまいりたいと思っております。
posted by Ochi at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

2015年下半期ベストテン

半年ぶりのごぶさたです。
年の瀬も押し迫ってまいりましたので、恒例の下半期ベストテンをばまとめてみます。
7月からの6ヶ月で訪問したお店は201軒。その中からのチョイスです。
いつものように訪問順でご紹介。では、どうぞ。

大菩薩峠@徳島・阿南
日本のサグラダ・ファミリアと称されるレンガ造りのお店。その佇まいには圧倒されるはず。
cafe moyau@岡山
カフェでゆるむってこういうことか、を再認識させてくれるような空気のお店。ロケーションもそれを上手くサポートしている感じ。
石田珈琲店@札幌
秋田から移転した自家焙煎コーヒー店。穏やかな佇まいの中にも凛とした空気を感じる。
Kent Kaffe Laboratorium@Copenhagen
コーヒー大国デンマークからはこちらをチョイス。抽出の幅の広さと居心地の良さとのバランスから選出。
ヨダか@原宿
二三味のコーヒーが東京で飲める貴重なお店。映画やオーナーがどうのこうのよりもそれが個人的には最もポイント高し。
THE COFFEE ACADEMICS@香港
香港コーヒーシーンをリードしているお店の1つと思える風格。絵になるお店造りもポイント高し。
FILTERS LANE@香港
日本人になじみ深い味のコーヒーならここだと思う。日本人ロースターがいるとか。
アサウラコーヒー@大阪・中津
梅田から少し歩くとこんなにも雰囲気が変わるのか、と思える静けさの中に佇むお店。さりげなくお洒落なのも粋。
ISSY MASON@香港
こんな場所にこんなオサレカフェが、というギャップがツボに入る。ちょっと前に東京で流行ったカフェっぽいところも好き。
Return Coffee House@香港
香港を代表するロースターのうちの1つ。ここもロケーションとのギャップが面白い。

ということで、締めてみると東京からはヨダかの1店のみ、香港から4店も選出されるという結果になりました。
まぁ無理もないわな。未開拓エリアで50軒近くも新店廻れば良店に当たる確率も高いし。
来年も本業でアジア行脚が続きそうな悪寒もしますが、カフェ巡業ともども楽しんでまいる所存です。
posted by Ochi at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

2015年上半期ベストテン

今年ももう半分過ぎちゃうのですね。
ということで恒例の上半期ベストテン。本日までに訪問した104軒からのチョイス。
いつものごとく訪問日順にご紹介。それではどうぞ。

喫茶 ソスイ@埼玉・越谷レイクタウン
イオンモールとは対極にあるような落ち着きとオールドさ。スパイスの効いたカレーも美味。
櫻井焙茶研究所@六本木
ひときわしつらえの良い店内とお茶。お値段高めではあるがスノッブ感を愉しみたい人にお勧め。
kettle@東府中
下北沢COFFEA EXLIBRISの姉妹店は、大きめでゆるめのハコと競馬場線の電車ビューが良い。もちろんコーヒーも安定の美味しさ。
カフェつむぐり@浅草
奥浅草というアクセスの悪さが、逆にこのお店の魅力を増している気がする。わざわざ出かけたいお店。
tournantes@清澄白河
カフェ激戦地となった清澄白河エリアで、飄々と自分の歩幅で営んでいる感が良い。平日営業のみとなってしまったのは残念だが。
渡邊珈琲店@Singapore
シンガポールに輸出された日本の喫茶店。メニューもしっかり日本風で、コーヒーもサイフォン点て。
私立珈琲小学校@池尻大橋
店名のキャッチーさが印象深いが、コーヒーにアツい先生が営む本気のコーヒー店。期間限定なのが惜しいぐらい。
studio D.@神戸・魚崎
素晴らしく造りこまれたハコが心を惹きつける。GREENSのコーヒーもポイント高し。
mimet@代々木八幡
ハコ良し、飲みもの食べもの良し、店員さんの応対良し、とパーフェクトなお店。1度訪れると惚れること請け合い。
DJANGO BANQUET@埼玉・さいたま新都心
大宮の良店がショッピングモール内に出店。エッジの効いたテイストをそのまま持ち込むという大胆さと、コーヒーの美味さは、ただただ感服。

こうして書いてみると、なかなかの実力店が多く並んでいるような気がします。
逆に言うと、良さげなお店を優先的に訪問してたからかもしれませんが。
下半期こそはカフェ>>>>>>>>仕事にしてやる。と、いつも思っているのですが。
posted by Ochi at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

2014年下半期ベストテン

6ヶ月ぶりのごぶさたです。
今年もこの季節がやってまいりました。下半期ベストテン。
7月から訪問した全118軒からのチョイス。いつも通り訪問日順での紹介。ではどうぞ。

cafe WALL@新宿
MOVEやsaloなどの新宿四姉妹の末娘。ではあるが、意外としっかりしたテイストはむしろ長女っぽくもある。
かふぇおかがれーじ@大森
これほどまでにしっかりと個性を打ち出したコーヒー店は少ないのでは。流行りのスタイルに乗ってないのが逆にいい。
Coffee Tram@恵比寿
大坊珈琲店の灯を絶やさず受け継いでいるお店。明らかにバーの店内で飲むネルドリップはオツなもの。
KAKULULU@池袋
意外と状況改善している池袋界隈で、こちらの店は久しぶりの掘り出し物。ちょいと不便なロケーションも奏功。
egg@New York
ニューヨークネタからの選出。某有名店なんかよりも、こちらの方がよっぽど朝食の女王に相応しいと思う。
Toby's Estate@New York
eggと同様、ブルックリンからの選出。非の打ち所が少なく、ローカルに愛されるのも納得のお店。
COLOCCO@新富町
これというアクセントは無いものの、個人的なツボにうまくハマったカフェ。意外と実力者だとは思うが。
fuzkue@初台
しっとりとした空気がツボにはまるお店。投げ銭スタイルなど、いくつかの変化球要素は含むものの良店であることは確か。
COFFEE VALLEY@池袋
OBSCURAプロデュースにパーラー江古田のパンという手堅い組み合わせ。流行らない訳が無い、という感じ。
815 Coffee Stand@桜新町
STREAMERの流れを汲むコーヒースタンド。ただし、ベタなものと違わせていることが好感を与える。

とまぁ、こうして見てもコーヒー軸の店が多かったという印象です。
ひとつの時代のムーブメントとはいえ、ぼちぼち飽きられ始めるのでは、と思っています。
是非とも、良いお店には息長く続いてほしいですね。今回選出のお店にもそうあってほしいと思います。
posted by Ochi at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

2014年上半期ベストテン

時間が経つのは早いもので。
ということで半年に1度の更新タイム。今年の上半期ベストテンの季節がやってまいりました。
今年は割と多めの158軒からのチョイス。いつものごとく訪問順に。ではどうぞ。

Floyd Cafe@静岡・三島
意外と活気のある三島のカフェの中でも秀逸だったのがこちら。ソツ無くまとまっている印象。
ミサキドーナツ@三崎
三崎港近くの古ぼけた商店街にあるドーナツ店。周辺とのバランスが絶妙に良い。
雀家@三崎
三崎からもう1店選出。こちらは計算された造りが見事なお店。ミサキドーナツとのハシゴで訪れたい。
schwarze katze@東高円寺
昨今流行りのスッキリ系の逆張りで攻めるお店。こってりと造り込まれた店内は味のある空間。
懸巣工房喫茶室@町屋
そしてこちらは王道ともいえるスッキリ系一軒家カフェ。町屋というロケーションも個人的にはツボ。
ZEB@相模原・橋本
津久井の山奥の名店が橋本に出した2号店。1号店のDNAはきちんと受け継がれており、気に入らないわけが無い。
iijima coffee@千葉・八千代台
こちらもロケーションの妙で入選。元SHOZOの方が開いたお店らしい品の良さが魅力。
江田珈琲店@本駒込
一見フツーの街の珈琲店なのだが、実はすごくしっとりとした上質な空間が隠れているというギャップが良い。
ARTISTREE CAFE@新橋
鳴り物入り的なお店ではあるが、ハコとコーヒーのポテンシャルからの選出。そのうち化けそうな気がする。
Gramacy Coffee@青山
こちらもポテンシャルからの選出。青山の喧騒から少し離れたいときにうってつけの場所。

全体的にそこそこのお店が揃ってはいたものの、ホームラン級のお店は無かった印象でした。
上期のハイペースを維持しつつ、下期はドカンと大きな一発を狙いたいものです。はい。
posted by Ochi at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

2013年下半期ベストテン

6ヶ月のごぶさたでした。
そして今年もこの時期がやって参りました。下半期ベストテン。
12/28までに訪問した138軒からのチョイスです。いつものように訪問順で。

西荻 イトチ@西荻窪
紅茶と郷土玩具の店というユニークな立ち位置。ほっこり和める空間と紅茶がツボ。
器々@板橋
店主が夢に描いていた空間を具現化したら、こんな素敵なカフェに仕立てあがったというお店。女子のストライクゾーンど真ん中なお店。
Cafe Sorte@埼玉・高麗
築100年以上の蔵+女性ロースターによる自家焙煎コーヒーというキャッチーさに目がいくが、実はかなりの実力派。
kcucha rismo@栃木・宇都宮
ここも女子好きに違いない系なハコ。午後のひとときを独りゆるやかに過ごしたい雰囲気のカフェ。
マツガミネコーヒービルヂング@栃木・宇都宮
ちょっと繁華街から外れているが故の落ち着き感が個人的ツボ。あと、謎めいたネーミングと。
Orlando di Castello@Vienna
オーセンティックなカフェが多いウイーンで異彩を放つポップなカフェ。朝から晩まで幅広く対応可能なのも良い。
CAFE SCHWARZENBERG@Vienna
リンク内では最古のカフェと言われているが、歴史の重みを残しつつ古めかしさを感じさせない店内が好感。
ZEBRA@相模原
気軽に足を運びにくいというのが逆に利点に思えるようなお店。ちょっとした遠足気分で訪れたい。
縷縷bois@埼玉・深谷
これまた遠足気分で訪れられるお店。Sajilo物件の安定した実力を見せつけられる。コーヒーがDJANGO BANQUETというのも個人的にはマル。
Jubilee Coffee and Roaster@白金台
コーヒーショップ出店ラッシュの東京において、個人的にはここが最も輝いてた。コーヒーの好み、ハコ、お店の空気など総合力で選出。

埼玉、栃木で計4軒選出されるという結果になりました。
このエリアはまだ未開の店が多いので、まだまだ掘り起こせそうな気がしますわ。
さて、来年はどんな良店と出会うことができるのか。楽しみながら巡りたいと思います。
posted by Ochi at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

2013年上半期ベストテン

6ヶ月ぶりのごぶさたです。
早いもんで今年ももうこの時期になりましたな。
ということで、今年上半期の訪問カフェ105軒から10軒をピックアップ。
絶対数が少ないこともあってイマイチ感はありますが、とりあえずどうぞ。

CAFE KICHI@静岡・熱海
地方良カフェシリーズ第1弾としてチョイスしたお店。しっとりとした空気が良い。
てんカフェ@静岡・富士宮
民家改装系自家焙煎カフェはこんなところまで来たのか、と思わずにいられない。意外と駅から近いのもポイント高し。
nico cafe@小田原
これまた地方版民家改装系マルチパーパスカフェ。小田原のいまに、ちょっとマッチしているように感じたのは気のせいか。
手紙舎 2nd story@柴崎
あの手紙舎の作るお店だからハズしはしないだろうと思ったが、予想通りのしっとり感。
cafe 104.5@御茶ノ水
そしてこちらもBLUE NOTE系ということで想定の範囲内ではあったが。ロケーション的に週末利用が吉と見ている。
YAMA COFFEE@埼玉・大宮
個人的上半期No.1はここ。ハコもさることながら香り高いコーヒーがツボに入る。6月に店名変更し、現在はDJANGO BANQUETに。
sarasvati@広島・宮島
神の棲む島にある自家焙煎コーヒー店は、どこか神々しい雰囲気を持ち合わせたお店。
喫茶ハレの日@野方
こちらも自家焙煎コーヒーがウリの店。コンパクトながらも良カフェのエッセンスが凝縮されている感じ。
Cafe Pablo's@久が原
ここも自家焙煎コーヒー店か。第2の人生としてコーヒー店を選んだ店主が作り上げた店は、なかなかの出来ばえ。
8 jours@下北沢
6月にオープンしたばかりの紅茶専門店。女子のツボど真ん中に入るようなお店作りとメニュー。

といった感じでしょうか。
自家焙煎コーヒー店が5軒も入るなど、個人の嗜好があるとはいえ、やはりセルフロースターブームなのかと感じるようなチョイスになりました。
あ、その割にはパンケーキの店が1つもありませんけど。これまた私の嗜好ですね。
posted by Ochi at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

2012年下半期ベストテン

6ヶ月ぶりのごぶさたです。
半期に1度の棚卸し、下半期のベストテンです。
7月から訪問した107軒の中からのセレクション。いつもの通り訪問順に。それではどうぞ。

FEBRUARY CAFE@田原町
イースト東京の勢いが止まらない。それに拍車をかけるようなコーヒーショップ。
coto cafe@新宿
MOVE、saloの3姉妹の末っ子。なのだが、もっとも大人びた印象のお店。
涼の音@長野・軽井沢
古い別荘をお店に仕立てているあたりが、いかにも軽井沢らしくてマル。
MINGUS COFFEE@札幌
北の街にカッコいい寛ぎを供してくれる空間は、実はもう長いこと営業していると知り軽く驚き。
lab. LABAR@代官山
鳥取・米子のコーヒーチェーンが東京進出。そんなことを微塵も感じさせないスタイリッシュな空間。
CAFE BAHNHOF@大阪・野田
ロケーションの意外さとバッハグループのコーヒーの美味さとが相俟って入選。
Zeitgeist Coffee@Seattle
Pioneer Squareの街並みによく溶け込んだコーヒーショップ。エスプレッソも本格派。
Roy Street Coffee & Tea@Seattle
理想のサードプレイスは正にこれ、と思えるほどの快適な空間とサービス。日本にも欲しい1店。
Stumptown@Portland
アメリカを代表するロースターは、コーヒーもショップも群を抜くレベル。
cafe anselmo@中河原
一軒家カフェに改装されたお店は、ある種ローカルカフェの理想形ともいえるほどの完成度。

こうして振り返ってみると、シアトル&ポートランドから3軒選出という結果。
それだけ全体としてのレベルが高かったということかもしれません。
特にRoy StreetとStumptownは超がつくほどのオススメ。ホントに毎日でも通いたくなるぐらい。
ま、今年もいろいろありましたが、来年もマイペースでぼちぼちとやってきます。
posted by Ochi at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

2012年上半期ベストテン

6ヶ月ぶりのごぶさたです。
ということで、いつものごとく書いていきます上半期ベストテン。
6月までに訪れた全122軒の中から選んだ10軒。
訪問日順に紹介していきます。ではどうぞ。

サザコーヒー@茨城・勝田
全国にその名を轟かす有名珈琲店。本店は結構な大ハコで個性あふれる店舗。
喫茶ミンカ@北鎌倉
今さらな感じもあるが、ようやく訪問。評判どおりの空間と空気。
Cafe Blanc@静岡・沼津
どこかに地方らしさを残しつつ、しっとりとした良い空気の自家焙煎コーヒー店。
本町一丁目カフェ@群馬・前橋
前橋の中心部にぽっかりと存在する木造建屋。だが、その味を十分に活かした店舗は抗し難い魅力を持つ。
ライムライト@鹿児島
一見フツーの喫茶店なのだが、コーヒーの美味しさがハンパない。コーヒー好きならハマること必至。
istut@荻窪
荻窪にまた吹きこんだ北欧の風。上質なしつらえを備えたしっとり空間のカフェ。
Kuppa@Bangkok
ハコ良し、フード良し、コーヒー良しと非の打ちどころが見つからないカフェ。
茶房 堂加亭@神戸・有馬
ベタな温泉街に現れたスタイリッシュ空間。地産地消も意識したメニューも、この地ならではか。
33rpm@八王子
週末限定の古道具店兼カフェは大人の男の隠れ家的なテイスト。
Kaffeine@London
ロンドンでいくつか訪れたコーヒーショップのうち、ここが最もバランスが取れていたということで選出。

てな感じですかね。
23区内が1軒だけというのも、ある意味オイラらしいチョイスかもしれませんね。
そして個人的な上半期最大のカフェニュースとしては、ねじまき雲の復活ですね。
何よりも嬉しいできごとでした。ロケーションが国分寺に移ったのも個人的には嬉しいし。

下半期もドタバタすることは間違い無さそうですが、カフェライフあってのオイラ。適度にがんばります。
posted by Ochi at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする